本日オンエア『ブラッククローバー』ページ71「無冠無敗の女獅子」脚本

2月 19th, 2019

テレビアニメ『ブラッククローバー』本日2月19日(火)18:25〜テレビ東京系にてオンエアの
ページ71「無冠無敗の女獅子」脚本書かせていただいております。
熱いあのお姉さまが登場です!! ぜひ見てください♪
https://bclover.jp/#index


noted in momoconoshigoto    |     コメントをどうぞ »

アニメ「ブラッククローバー」 第69話脚本

1月 30th, 2019

アニメ「ブラッククローバー」
次週69話脚本書かせていただいております。
シャーロットとバネッサが可愛い、個人的にお気に入りの回です♪
シャーロット姐さんの貴重な姿を見られるかも!?
ぜひ見てください⭐︎

あ、書き忘れてましたが、新年一発目の第65話も脚本を書かせていただいておりました〜。
バタバタしていて告知もれ…すみません…
https://bclover.jp/#index


noted in momoconoshigoto    |     コメントをどうぞ »

2018年、観た映画を振り返る。

12月 30th, 2018

今年観た映画は53本。
昨年の41本よりは増えたけど、その前年やさらに前年は70本ぐらい観ていたからな〜。
10月ごろから仕事が忙しくなった関係で、ほとんど観られなかったので…。


たくさん見逃しているとは思うけれど、観られた中でも面白い作品はたくさんありました!

ランキングにしちゃうと何を基準に?となっちゃうので、ランキングではないです〜。

・「スリービルボード」
脚本が素晴らしすぎました。脚本の勉強したい。
「ゲットアウト」も面白かったけれど、個人的な脚本賞はスリービルボードです♪

・ 「15時17分、パリ行き」
イーストウッド監督はどこまで挑戦していくのでしょう…。
映画の可能性はまだまだある! 若手監督ももっと攻めていこう(笑)
次回作も楽しみ!

・ 「ワンダー」
これは良い意味で裏切られた傑作! 構成が良かったな〜。お姉ちゃんとおばあちゃんのシーンで号泣ですよ。どうせ難病もののお涙頂戴な感じでしょ?と思って観ていない方にぜひ観ていだたきたい。

・ 「タクシー運転手」
これは面白かった! 見応えありまくり! 韓国映画レベル高い!

・ 「1987、ある闘いの真実」
だから韓国映画レベル高い!! 「タクシー運転手」と合わせてみるとさらに楽しめます!!

・ 「響」
身内の欲目なしで面白かった!! 良い演出してますよ! 平手ちゃん、日刊映画新人賞受賞おめでとう!!

・ 「センセイ君主」
これもね、このジャンルってどうせこんな感じでしょ、みたいなことで避ける人も多いと思うんだけど、ストーリーがちゃんとしていて、主人公の成長物語としてすごくきちんと作ってるんです。前半ちょっと聞き取りにくいところがあったりするけれど、ラストとか泣いちゃいまっせ!

・「万引き家族」
是枝監督の安定感。演出も役者も素晴らしいです。

・ 「リメンバーミー」
心温まる良作! いつか娘にも観せたい。

・ 「さよなら僕のマンハッタン」
賛否あるようですが、個人的にはすごく好きなテーマなんです。

他にも「パディントン2」(1も良かった!)、「バーフバリ2」(エンターテインメント!)、「ちやはふる 結び」(3部作完結!1が好きだがどれも良かった)、「レディ・バード」(青春!)、「孤狼の血」(白石監督がメキメキきている!)、「寝ても覚めても」(さすが濱口監督、震災の扱い方が秀逸だった)、「ボヘミアンラプソディ」(音楽っていいですね)、「アリー」(ガガ様の説得力!)などなど。
語っていたらきりがありませんが…。

後半あまり映画館に行けなかったので、来年公開作品をまだ把握できていないんですが、やはり「ファースト・マン」が楽しみでやんす!!

来年はまたバタバタする予定なので、映画なかなか観られなくなっちゃうんだよなあ〜(涙)


noted in momoconokogoto    |     コメントをどうぞ »

2018年 今年行った美術館を振り返る。

12月 30th, 2018

今年行った美術館、博物館は18個でした。

そうだな〜、総合的に見応えがあったのは
「ビュールレ・コレクション 至上の印象派展」かな〜。
どの作品ものちにその画家の代表作と呼ばれるような良作ばかりが集まっていて、ビュールレさんの審美眼マジすげーっす!って感じで。
特にルノワールのイレーヌ嬢は本当に愛らしく、ずーっと観ていたかった。

印象的だったのは「藤田嗣治展」。
これは行ってよかった!
作品も素晴らしかったけれど、彼の画家としての生涯も興味深く、それを知りながら作品を観ていくとまた面白さが増すというか。
ラストは感情移入して作品を観ながら涙が出てきましたよ…。
良い美術展だった。

珍しいところでは「縄文展」と「仁和寺展」かな。
普段はあまり行かないジャンル。
でも縄文土器の神秘さや、千手観音の迫力やありがたさを堪能させていただきました。

来年は何と言ってもクリムト展ですな!
前売りすでにゲット。楽しみすぎる!!

そして上野の行くたびにシャンシャンに会いたいと思うのだけれど、
いつも結局時間がなくて1回しか会えていない…。


noted in momoconokogoto    |     コメントをどうぞ »

2019年1月8日オンエア アニメ「ブラッククローバー」第65話脚本

12月 28th, 2018

63話の演出が凄すぎて興奮冷めやらぬまま、今年のオンエアは前回の64話で終わりましたね〜。

次回、年明け一発目オンエアの65話の脚本を担当させていただいております。
年末年始のドタバダで忘れないうちに、告知(笑)

今年はブラッククローバーに参加できてありがたかったです。
2期から参加させていただいたので、たくさんのキャラや魔法を把握するのが大変でしたが(笑)、
熱くまっすぐな作品で書いていて楽しかったです♪

来年も引き続き観てください!!
よろしくお願いいたします♪


noted in momoconoshigoto    |     コメントをどうぞ »

ルーベンス展

12月 27th, 2018

ちょっと前、ルーベンス展に行きました(^∇^)
バタバタしてたし、バロック美術はそこまで好みじゃないから行くか迷ったんだけど(笑)、この規模の開催はなかなかないと言われたらやはり行きたくなり…。

大きな神話画や宗教画も良かったですが、個人的には自分の娘や兄のこどもたちを描いた作品が好き。
ルーベンスさん、こどものこと好きなんだなあってのが伝わる。
ふっくらほっぺやツヤツヤ唇がめっちゃ可愛くて♪


ヴィタメールとのコラボチョコが美味しそうで購入(^∇^)

今年はこれが美術館おさめ。
一年の振り返りをしたいけれど、時間が足りない〜(>人<;)



noted in 2018美術館・博物館    |     コメントをどうぞ »

12月18日(火)オンエア、アニメ「ブラッククローバー」第63話脚本

12月 14th, 2018

先週の第62話に引き続き、第63話も脚本を書かせていただいております。
今までにみたことがないアスタを見られるかも!?
ぜひ見てください♪


noted in momoconoshigoto    |     コメントをどうぞ »

ムンク展

12月 14th, 2018

上野、都美。
ムンク展、やっと行けた(^∇^)

特典付き前売り券って、買ったことなかったんだけど、なぜか無性にこのブランケットが欲しくなり、購入(笑)
期間内に行けてよかった〜。


叫び以外知らなかったから、すごく新鮮だった。
叫びは近くで観たい場合は平日でも流れ見ですが、ちょっと離れるだけで立ち止まって観られるのでゆっくり観ました♪
あの赤い雲は、北欧だとたまに本当に見られるらしい。

個人的にはマドンナが好き。
ポストカード購入。
女性関係ドロドロしている画家のこういう絵、好き(笑)

北欧の画家の作品てあまり観たことないから、風景とかも興味深くて。
フィヨルドの海や、海にうつる月の道とか、実際に見てみたいなあと思いました(^∇^)

出口でピカチュウカードもらえました(笑)

制服を着た学生さんが多いなあと思ったら、12月は高校生無料みたい。
こういう企画、素晴らしい!
私ももっと若い頃に美術館とか通う習慣を身につけたかった(>人<;)

 

西美のルーベンス展も気になるけど…時間があったらだな…


noted in 2018美術館・博物館    |     コメントをどうぞ »

アニメ「ブラッククローバー」第62話、脚本

12月 10th, 2018

明日オンエアのアニメ「ブラッククローバー」第62話、脚本書かせていただいております。
魔女の森、大変なことになっていますね〜。
是非みてくださいませ♪

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000043-mantan-ent


noted in momoconoshigoto    |     コメントをどうぞ »

ピエール・ボナール展

12月 4th, 2018

行けたら行きたいと思っていたピエール・ボナール展。
ちょっと前ですが、外に出た勢いで行きました(笑)

名前や存在は知っていたけど、
お風呂に浸かっている伴侶さんの絵ばかり描いてる画家…?
ぐらいの印象だったので、今回の企画展を機にもう少し知りたいなと(^∇^)


浮き世絵に影響を受けた頃の平面的な作品はやはり印象的。
舞台のかきわりみたいに層になっていたり、
奥から照明が当たったみたいな前方の光の入り方とか面白かった。

個人的には「黒いストッキングの少女」が好き。

作品も興味深いけど、伴侶であるマルトとの関係性が気になった(笑)
長年連れ添っていたのに、晩年に入籍するまでマルトの本名も本当の年齢も知らなかったという…。
しかも晩年に入籍することになったきっかけはマルトの友人との浮気…。
それを知ったマルトが怒って結婚を迫り、入籍した数日後に浮気相手は自殺…。
ボナールが浴槽につかる裸婦の絵ばかりを描きだしたのはそれからなんだとか…。
う〜ん、意味深…(>人<;)

国立新美術館に行くと、
時間があれば必ずといっていいほど寄る紅茶屋さんがありまして、
ザッハトルテが美味しいの。
他のスイーツも美味しそうだから食べたいんだけど、
結局毎回ザッハトルテを頼んでしまう。
美術館のカフェって混みがちだから、
ここ、ほんとオススメ。

さあ、あとはムンク展に行って、今年の美術館はおしまいかな?
三菱一号館美術館のフィリップス・コレクションも気になるが…。

来年のクリムトがいまから楽しみすぎる!


noted in 2018美術館・博物館    |     コメントをどうぞ »